xn--hekm0a9650eedp のすべての投稿

本厚木で脱毛

数年前まであった本厚木の脱毛サロンにも既に閉店してしまった店舗が2つあります。
閉店してしまったサロンは「ココリセ本厚木店」と「エステクレール本厚木店」でした。
両方とも地域密着型で営業していて、全国展開はしていない小規模のサロンです。

自分はネット情報で閉店を知ったのですが、「行ったら看板が無かった」「急に電話がつながらなくなった」という閉店だったようです。
オーナーが自分の意思で店をたたむような閉店ではなく、おそらく経営難による消極的な閉店だったのだと思いますが「こういうことも本当にあるんだな」というのが率直な感想です。

全国チェーンのサロンよりも隠れ家的なサロンが好きな人もいるかもしれませんが、こういう面に関しては全国展開しているサロンの方が無難なのかなとも思いました。
本厚木だとジェイエステティックやTBC、エルセーヌが全国展開している大手サロンですね。
脱毛専門だとジェイエステティックがいいのかな~と思います。

あとは家庭用の脱毛器を使って自分で脱毛をやってしまうという方法もあります。
これだったら閉店の心配は無用です。
故障したときの修理で連絡がつかないとか、もうメーカーに修理の部品が無いとかの心配はありますが・・・
もし自分で脱毛するならケノンという脱毛器がおすすめです。
これはもう何年も前から人気のある定番の脱毛器です。
値段は数万円とまあ高額なのですがサロンで全身脱毛をする場合10万円以上は余裕でかかるでしょうから、それに比べればかなり安いですね。
そして自分でやる最大のメリットは時間を気にしなくていいというところです。
脱毛サロンの場合なかなか予約が取れないという悩みを持っている人が少なくないです。
自分でやる場合には自分の都合に合わせてやれるので、忙しい人にはぴったりですね。

<参考サイト>
【サイトURL】http://xn--vck1fsa5956afpuwa905fpq8b.biz/
(本厚木 脱毛)

【サイトURL】http://xn--88j1azh830msuucfidwbgv2frmb.biz/
(自分で脱毛する方法)

ミニサイズのカラコン

カラコンにはレンズサイズというものがあります。
14mmが標準サイズだと思いますが、14.2mmとか14.5mmというカラコンもあって、14.5mmのカラコンはだいたい「メガ盛りデカ目」とかそういうキャッチコピーがついています。
これをふまえるとレンズサイズが大きい方がデカ目になるといっても言いのですが、実際には着色直径というものが重要になってきます。
仮に二つのカラコンのレンズサイズが14mmで共通だったとしても、着色直径が違っていれば装着したときの瞳の大きさは変わって見えます。
ただレンズサイズ14.5mmでわざわざ着色直径を小さく設定する意味は無いので、14.5mmのカラコンは大抵14mmのカラコンよりも着色直径も大きめに設定されているはずです。

ここまで読んでもらえばわかると思いますが「カラコンを付けると瞳が大きく見えすぎてしまうので小さめのカラコンが欲しい」と思っている人は、レンズサイズではなく着色直径に注意してカラコンを選んでください。
今自分がつけているカラコンの着色直径を調べて、それより着色直径が小さいカラコンを選んでください。

そしてそんなときに便利なのがモアコンタクトというカラコン通販サイトです。
このサイトはレンズの着色直径で検索をかけてカラコンを探せます。
今使っているカラコンの着色直径が13.5mmだったらまずは13.4mmや13.3mmから探してみたらいいと思います。
もし今使っている着色直径13.5mmが明らかに大きすぎる場合には思い切って13.00mmで探してもいいかもしれません。
一回でベストなカラコンを見つけるのは難しいのでいろいろと試してみるのがいいですね。

参考サイト
【サイトURL】http://xn--48jueof6a3u6bv756b.biz/
(カラコン 着色 小さめ)

オイリー肌におすすめの化粧下地について

オイリー肌の人向けの化粧下地というものがあります。
その中で「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地」という下地があります。
小さめの容器に入っていて、テカリや皮脂崩れを防いでくれるという商品です。
カミツレエキスという保湿成分も入っています。
比較的いろいろなお店で扱っている商品ではないでしょうか。
特に変わった特徴などはありませんが、手に入りやすく値段も安めなのでオイリー肌の人が気軽に試してみるにはいいのではないでしょうか。
ソフィーナのプリマヴィスタシリーズにはこれ以外にもファンデーションやコンシーラーなどもあります。

関連サイト
ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地

これとは逆に通販メインのオイリー肌用化粧下地というものもあります。
ミムラスムーススキンカバーという商品がそれに当たります。
比較的新しい商品で知名度もそこまで高くは無いでしょうが、ネットでは意外と人気があります。
「ソフィーナ プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地」に比べると値段は高くなりますが、オイリー肌の人にはおすすめの下地だと思います。
あとはシルキーカバーオイルブロックという商品も通販メインのオイリー肌用化粧下地です。
通販だとこうやっていろいろな商品が簡単に手に入るので便利でいいですね。

最後にオイリー肌の人の洗顔についてですが、オイリー肌だと頻繁に洗顔して皮脂をこまめに取りたくなりますが、頻繁な洗顔や強い洗顔はやらない方がいいです。
頻繁に洗顔すると体が「皮脂不足」だと判断してさらに過剰に皮脂が分泌されることがあるからです。
本来は顔の皮脂というのは体にとって必要なものだからです。
だから皮脂を取り過ぎないように洗顔はほどほどにしておきましょう。
そして保湿もとても大事なので洗顔後は保湿も意識してください。

正岡 容 その3

 ところで白浪物を多く創作口演したところから通称を泥棒伯円と唱はれた二世松林伯円も嘗て河内山の邸宅に居住してゐたので、その一代記の創作をおもひ付いたと云はれてゐる。とすれば私共の一家が居住してゐた一、二代前、夙くも彼はこの廃邸に起臥してゐたものらしい。河竹黙阿弥が伯円の講釈の高評に動かされて「雲上野三衣策前」を劇化上演したのは明治七年十月であるから当然伯円が製作発表したのはその以前。或は明治改元当時であつたかもしれない。伯円の河内山速記にはかの玄関先の快文字はなく、また直侍よりも金子市の方を二枚目として優遇してゐる。従つて玄関先の快、入谷の婉、此らはいづれも黙阿弥その人の創作である。暗闇の丑松の五斗兵衛市ころし、此又伯円の創作ではなく後世上方種の産物である由。

 さるにても圓朝三十歳、明治御一新に際会するところまでで、ひとまず私はこの小説を終らねばならなくなった。後半生のくさぐさについてはひと息吐く暇もなく引き続いて筆硯を新に、書き上げたい心算である。
 さるにても私が「圓朝花火」なる短篇を仕上げ、谷中全生庵なる圓朝の墓へ御礼詣りにいったとき、たまたまそれが八月十一日祥月命日で、本堂からは圓朝の名跡を預かっていられる大根河岸三周さん(藤浦富太郎氏)営まれる法事の読経の声、いと厳かに聞こえてきていたということはかつて短篇集『狐祭』の末尾へしたためたが、その前後から月詣りはじめてもう今年で七年の月日が経つ。その間に「慈母観音」「圓太郎馬車」「弟子」とさらに圓朝をめぐる三作を私は得た。

 先づ春団治は「音」の描写に、凡そ嶄新なポンチ絵風の手法を用ゐた。ちよつと東西、他に例がない。いや、考へ付いた人位はあつたかもしれないが、春団治のやうなあのドギツイ太い声による表現以外、到底、悪くすぐりに堕するのみであることをおもひ、やめてしまつたらうとおもふ。
 泥棒が兇器で板戸を破る、その音の表現に、ベリバリ、ボリ。(「書割盗人」東京の「夏泥」)
 拍子木を鳴らす音は、カラカツチカツチ。(「二番煎じ」)
 往来に掛け廻してある竹簾のやうなものを開ける音に、カラカツチヤカツチヤカツチヤ(「へつつい盗人」)
 その竹簾がぶツ倒れ、よろけて傍らの三輪車の喇叭を押さへる音を一ぺんに表現して、ドンカラカツチカツチ、プープ(「へつつい盗人」)

正岡 容 その2

 その頃、落語家の檜舞台といわれた、向こうの垢離場の昼席でトリをつとめて三百五百の客を呼び、めきめき大方の人気を煽り出した圓朝は、いつしか橋ひとつを隔てた土地のこのお絲と恋仲になっていたのだ。元治元年、圓朝二十六歳の夏だった。
「アラ葛ざくらなんか。じゃ、こっちの有信亭の共白髪のほうがオツでさあね。ね、ほら、アーンと口をお開きなさいよ」
 いっぱいの幸福感を顔中に漲らせて、お絲は、風雅な朱塗りの箸で名代の共白髪をはさみかけたが、
「おっとっと、お絲、それにゃおよばねえて」

 私は、昨年の明日、東京巣鴨花街の居宅を兵火に焼かれた。それから一年目の今日、ここ下総市川の里に卜居して残花の午下りを、嘱されて旧東京夏宵の追懐など閑文字を弄する境涯になつてゐられようとは、どうしてあのときおもひ知る由があつたらう。すべては是れ平和来の余沢と申さなければならない。
 年少返らぬ日の東京街上の夏景色をおもふとき、忽ちにして眼底に蘇へり来るは群青で波しぶき描いたあの笹嶋の氷屋の暖簾と夜空飛ぶ蝙蝠の群れとである。氷屋の暖簾にはまだ緑、水色など涼しい色気の玻璃玉を選んで滝のやうに硝子籠をぶら下げてゐる見世もあつた。夜になると硝子の方の簾は店内の燈花が反映して金や白金や銀にかがやきキラキラと一そう涼しさうだつた。のちになつて木下杢太郎の硝子問屋の詩や小説を愛誦したとき、ゆくりなくも私はこの昔の氷屋の硝子暖簾を聯想せずにはゐられなかつた。

 亡くなられた泉鏡花先生のお作の中でも、「註文帳」は当然代表作の一つに数へていいものだらう。殊に雪もやひの日の鏡研ぎ五助の家のただずまひ、雪明りの夜の吉原の撥橋、おなじ雪の夜更けの紅梅屋敷――情が、姿が、廓の景色が、マザマザ手に取るやうに浮かんで来てたゞたゞ敬服のほかはない。
 が、あの五助の家のくだりであぐねてゐた空から白いものがチラつきだし、軈て「唯一白」の大雪となる。あの大雪の有様を、

「折から颯と渡つた風は、はじめ最も低く地上をすつて、雪の上面を撫でて恰も篩をかけたやう、一様に平にならして、人の歩行いた路ともなく、夜の色さへ埋み消したが、見る/\垣を桓り軒を吹き廂を掠め、梢を鳴らし、一陣忽ち虚蒼に拡がつて、ざつと云ふ音烈しく、丸雪は小雅を誘つて、八方十面降り乱れて、静々と落ちて来た」